リバース・エンジニアリング

方式

リバースエンジニアリングは製品解析として知られていますが、多様な領域で応用されています。
リバースエンジニアリングが何であるか理解する前に、先ず製品の設計工程を覗いてみましょう。

一般的に製品設計の非常に初期の段階では、製品形態と達成される機能が設計者の意識の中に作り出されます。
そして設計概念が技術的解決手段によって実際の製品に転換されることを、製品設計と呼びます。

リバースエンジニアリングは製品設計から概念設計への逆工程と考えられます。
この工程において、全ての設計定数、レイアウト、パターンなどが、
他の新しい製品設計や工程改良のために用いることが出来、
MA-tekは以下のような二通りのリバースエンジニアリングサービスを提供します。

製品解析

このサービスは顧客に新製品開発戦略、市場調査、製品の業界における位置、特許抵触調査など為に
多くの有益な情報を提供することが出来ます。

MA-tekによる多様な詳細情報により、
重要なデザインルール、材料、詳細工程、素子膜圧と構造完璧に想定可能です。

以下にアーキテクチャー解析の例を示します。

回路解析


  • Metal1

  • Poly

  • Stained Active Area

  • Symbol

  • GDSII Layout-GDSII

  • Schematic

お問い合わせ